ホテルへの東京出張マッサージについてあれこれ

私は以前にホテルのフロントに勤務していたことがありまして、
ホテルでのサービスの定番であるマッサージについて語らせていただきたいと思います。
ホテルのマッサージサービスについてはホテル内に店舗があったり、ホテル内にマッサージ師さんが待機している場合もありますが、
殆どは近所のマッサージ屋さんに連絡してその都度出張してもらうパターンでして、私が勤務していたホテルもそうでした。
色々なことがありましたが、マッサージ師さんとお客様の話を一つづつ。
まずマッサージ師さん側の話から。
お客様の中には「出張マッサージ」というと性風俗なサービスだと勘違いしている人も多くそういう行為を要求してくるお客様もいて、
中には全裸で待機している人もいて、そういう場合は何も言わずにドアを閉めるそうです。
クレームになってもおかしくない行為ですが、やはり恥ずかしいのかフロントにクレームは言ってきませんでした。

続いてお客様のほうで。
マッサージを受けると眠くなる人が多く実際ウトウトし始めるとマッサージの力が弱くなって
後で「手を抜かれた」とクレームになったのですが、マッサージ師さんに確認したところ、寝るお客様にはグッスリ休めるように手を緩めるそうです。
良かれと思ってやったことがクレームに繋がりサービスの難しさを考えさせられました。
というところで、今回は此の辺りで。

東京は日本の中心。

東京駅といえば、皇居があることで有名で、ほとんどの方が一度は訪れたことがあったり、訪れてみたいと思う場所の1つとして有名です。皇居は駅から約1キロ、徒歩で行けるので、多くの人々がよく観光をしに行きます。街並みもとてもきれいに整備されていて、自然もたくさんあり、東京都心部ですが、平和で穏やかな雰囲気も味わえます。
また、東京駅は開業100周年も超える、とても歴史の古い場所です。建築などにもこだわりがあり、鉄道ファンだけでなく、建築ファンの人々も集まります。
そして地下に続くや明日一番街や、東京駅地下街、隣接する大丸には、たくさんの店舗が軒を連ねており、オープン時から多くの人々が利用しています。お弁当屋さんも世界一多く、新幹線や電車などで移動する人々には打って付けであるし、またお土産売り場もかなりたくさんありますので、見ているだけでも十分な気持ちにもなれます。もちろん、帰る頃には絶対に何かを購入しているという、謎のトリックにもハマります。